FESTA−1000

演者(きゃすと) 紹介






■清水 宏 (しみず ひろし)

1980年代の小劇場ブームの中で俳優としてスタート。その後ピン芸人として活動を始め、清水宏の「オールナイトニッポン」などラジオ、テレビ、舞台で活躍。
ミュージシャンとの共演も多く、忌野清志郎、細野晴臣氏らのステージにゲスト出演。
2007、2009年にはロックミュージックの殿堂・日比谷野外大音楽堂で単独お笑いライブを敢行、それぞれ2000人の客を動員。2010年には東京都公認のヘブンアーティストのオーディションに合格。大道芸としての活動を開始する一方、Tokyo Comedyで在日外国人相手に英語のスタンドアップコメディを定期的に披露。
2011年の今年8月にはイギリスのエジンバラ公演予定。


■私にとって祭りとは?

近所の盆踊りが原点。

不良のマネして、女の子の前で格好つけてみたり、
変身できるかもという予感に満ちてましたね。
どっちも上手くいきませんでしたけど。

あと小学校の学芸会と高校の文化祭。
頭がおかしいんじゃないかと言われるくらい必死に暴れました。
普段の自分からの脱出、ジャンプみたいな。

僕のお祭りの原点です。

お祭りとは革命ですね、ぼくにとっては。