FESTA−1000

物語(あらすじ)



アイツガココニ、カエッテクル。

―――――

とある地方の田舎町。

今年は伝説の陰陽師「安倍道満(あべのどうまん)」の生誕1000年祭。

町おこしを目指して、ここぞとばかりに盛り上げようとする町民たち。

そんな折り、10年ぶりにひょっこり帰って来た男がいた。

かつては町を捨て去った、彼の突然の帰省に動揺する面々。

…そんな彼らの裏側で、1000年ぶりに蘇る、ある男の陰謀が牙を剥く。

10年ぶりの再会と1000年越しの因縁は、いっぱいいっぱいの町民たちを巻き込んで、

古今入り乱れての大乱戦へ。



大事な「何か」と大切な「どこか」を守るため、

それぞれの想いをかけた闘いが今、幕を開ける。